読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FF15 プレイ日記5 第4章攻略

FF15 プレイ日記

アーデンとカーテスの大皿を目指した主人公たちはついに目的地に到着します。ここで頭痛とタイタンの関係性を確かめることになります。タイタンは今作はどういう形で登場するのか、召喚獣として使えるのか、楽しみですね!

FF15 プレイ日記4  第3章攻略 - ゲーム道 -受像機遊戯-

f:id:tak9313250:20161116090248j:plain

 頭が痛くなるのは神の言語だから?

アーデンがいうにはタイタンの言葉は神の言語であり、それを人間が理解しようとすると頭が痛くなるといったようなことをいっておりました。昔そんな小説を読みました。一次元的に話す人間に対して10次元以上の言語で話しかけると人は狂ってしまうという感じのマイナーな小説です。きっとそれと同じようなことが起きていると勝手に理解しています。

 

いきなり墓所発見

カーテスの大皿にアーデンと共に到着すると、アーデンは「俺だよ俺、いれてー」くらいのノリで顔パス開門してくれます。一緒に行くのかと思いきや、彼はここまで送り届けるだけとのこと。主人公たちは車でそのまま中に入ります。道は舗装されておらずオフロード状態です。レガリアはこんな場所を走るような車ではありません笑 そして進むと唐突に青空墓所を発見しました。もともと建物があったのか、昔から青空スタイルなのかはわかりませんが、とにかく力を手に入れます。

f:id:tak9313250:20161207110048j:plain

 

 

タイタンさんとご対面

いよいよタイタンが出てきました。でかいですね。これはメテオも支えられますわ・・・。謎の言語に再び頭痛がきてしまったノクティスは谷底に落っこちてしまいました。しかし、そこですかさず助けに入ったのはグラディオラス。そのままパーティは分断されてしまい。ノクティス+グラディオラス   イグニス+プロンプト というパーティ編成になりタイタンの元へ急ぎます。

f:id:tak9313250:20161207111036j:plain

 

 

グラディオラスが熱い!

ピンチなノクティスを助けてくれたのはグラディオラス。なんでも彼の家系は王に仕える盾だとか。様々なアクシデントが起こる中グラディオラスが主人公を助け続けてくれます。グラディオラスかっこいい!ちなみに今回俺が一番すきなキャラクターです。いよいよタイタン戦となり、このでかい敵をどう倒したらいいいのかという感じですが。いつの間にか仲間と戦闘中に合流するという熱い展開に!基本的にボスにはパリィをかましてダウンしたところをボコボコにするといった戦いになります。その際もグラディオラスが盾になってくれるのですが、熱いですねー、いい戦闘です!

そしてみんなの秘策があるといことなので一定以上のダメージを与えるとブリザド系の攻撃で敵の腕を凍らせ破壊!そして戦闘終了となります。

f:id:tak9313250:20161207112321j:plain

 

 

アーデンと再会

タイタンを倒し、巨人の証を手に入れたあと、アーデンが帝国の飛行船から登場します。そして正体を明かします。ここで決着をつけるのではなく、逃がすために来たということで、選択を迫られますが、助けてもらうことに。助けてもらったところで第4章終了となります。

f:id:tak9313250:20161207112403j:plain

 

 

最後に

第4章はほとんどタイタン戦ということで非常に短い章になっていました。しかし、その内容は非常に濃く、かなり熱い展開にワクワクさせてもらいました。レガリアもその辺に放置されているのでどうなったか非常に気になりますが、これはいつの間にか手元に戻ってきているパターンでしょう。ストーリー的にもいろんなことがわかってきて、この先の話も楽しみです。