読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPSのコツと上達 初心者は味方の後ろで待機しろ

FPS上達への道

FPSの上達するための記事です。FPSを始めてすぐの初心者は相手の強さに驚くことかと思います。曲がりかどを曲がった瞬間に敵と鉢合わせになり、一瞬で殺されるということがおきることでしょう。また、「ずいぶん遠くにいるなぁ」なんて思ってるとその距離から撃ち抜かれたりします。FPS初心者は戦場でどういった歩き方をしたら良いかという話をしていきます。

f:id:tak9313250:20161108173615j:plain

 FPSは慣れが非常に重要です。敵が目の前にぱっと現れたとき、すぐにトリガーを引けるか、エイムをできるかなどなど瞬間的に体が動く早さが問われます。しかし、コントローラーや、マウスの操作も何がなんだかわからない状態で、慣れた相手に勝てるわけありません。では、こちらだけが相手のことを確認できる状態であったらどうでしょうか。こちらが先制攻撃をすることができれば勝てる確率はぐっと高まります。もちろんエイムが下手すぎてそこから負けてしまうかもしれませんが。

 

 

ということで、こちらに気がついていない敵を探さなければいけません。しかし、FPSは索敵も慣れが重要です。(慣ればかりだな・・・。)どちらかというとこちらが気がつく前に敵が気がつくことでしょう。また、こちらが気がついてもある程度の距離があれば、こちらのクソエイムのおかげで敵を気づかせてしまい返り討ちにあいます。ですからできるだけ近よりたいわけですがそう簡単にいくわけではありません。そこで、味方を利用します。

 

利用するという言い方はちょっと汚いですが、味方の後ろについていくことをただひたすら考えましょう。なぜ味方の後ろについていくといいのかというと、

  • 相手が1人なら2対1で戦える
  • 仲間がやられても自分が残っている
  • お互いに援護ができる

といったメリットがあります。相手が一人の際に敵が先に発砲します。こちらは味方が先を歩いていますので、攻撃はだいたい味方に行きます。味方も応戦を始めると同時にこちらも応戦を開始します。そのまま倒せれば良いですし、味方がやられてもそのまま自分が攻撃したら勝てる可能性は高いです。相手は自分の味方の攻撃で多少なりとも攻撃を受けています。自分は全回復状態であればかなりアドバンテージです。当たり前ですが、敵はどちらが初心者かなんてわかりません。急に狙っている敵を変えるということは基本的にはしないので、そのまま味方を囮に使わせてもらうわけですね。

 

また曲がり角で出会いがしら、味方が殺されてしまったケースです。敵は多少ダメージを受けながらも敵を倒したわけですが一人だと思っていかもしれません。そのままその場所で頭の位置にエイムをもって行き敵が曲がり角を出てくるのを待ちましょう。敵としたら、まさかも一人いて待ち伏せしているとは思わないことが多いかと思います。その油断を突いて攻撃しましょう。

 

援護というのはゲームによってはその兵科の違いでスキルが変わってきます。回復できたり弾薬を配ったり生き返らせたりとできますので、お互いの兵科の足りない部分を埋めていきましょう。

 

ではどんな人についていったら良いのかという話ですが、上手い人についていってはいけません。たまに強い人についていこうとする人がいるのですが、これは間違いです。キルデスが2とか3くらい行っているような人は動きが違いすぎるため何のおこぼれももらえませんし、少々突撃気味で戦いますのでこちらもすぐ殺されます。ねらい目はキルデス1位の、真ん中位のレベルの人についていきましょう。この位の人であれば、ある程度の立ち回りもわかっていますし、ちゃんと敵に負けてくれます。味方が負けてくれないと自分がおこぼれもらえないですからね。

 

全体的にちょっとせこい戦い方になりますが、最初のうちはこれくらいでちょうどいいのです。2人以上でまとまっていても良いですし、大量に人がいるところではなんとなくその中にいて敵を観察していてもいろいろなことがわかってきます。初心者なんだから死んでもいいいやと思わず、作戦は「いのちをだいじに」です。できる限り死なないように頑張ってみましょう。