読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオハザード7 クリア後の感想・評価(ネタバレ無し)

バイオハザードシリーズ

少し遅くなってしまいましたが、バイオハザード7をクリアしましたので、クリア後の感想・評価をしていきたいと思います。賛否両論あるのですのですが、個人的には良くも悪くもあるといった感じで、それを言葉にするなら「普通」という話になってしまうかもしれません。

f:id:tak9313250:20170130151534j:plain

キャラクター

今回の登場人物は非常に少なく、イーサン、ミア、ゾイ、が主要メンバーとなり、あとは数人が登場します。これまでのシリーズで登場したクリス、レオンなどのキャラクターは基本的には登場しませんのでキャラゲー感覚で楽しみたい人にはまずマイナスかと思います。そしてキャラクターデザインですが、あまりにも美形という感じではなく、よくいる感じの顔です。バイオは毎回美形キャラが戦うのですが今回はこの辺も普通ですね。

 

操作感

これまではTPS視点だったものがFPS視点に変更されています。これによって探索の恐怖感は格段に上がるのですが、終盤になるとだんだんと恐怖も薄れていくような感じがしました。もちろん突然敵が出てくればびっくりするのですが。操作は普通のFPSとそれほど変わりませんが、歩くのが遅いですね。追われているときくらい全力で走れといいたくなりますが、のんびり走って敵の攻撃を食らうということが多々あります。

 

本作品でのカメラ視点などに関しては全てVRに最適化されているような感じがします。そうなると、ちょっと発売のタイミングは早かったのかもしれません。俺もVRでやってみたいと思っていましたが、もうどこで敵が出てくるのかというのも大体わかっているので怖さは半減するという感じでしょうか。

 

一番の問題点は画面酔いする可能性があるということです。俺も通常はならないのですが、体調が悪かったり、振り向きを何度も行うエリアではよってしまいました。この辺は人によってという感じになるかと思いますが、十分注意してください。

 

 

敵の強さ・難易度

難易度は3種類あるのですが、最初はノーマルをプレイすることになります。難易度ノーマルでも敵の攻撃は結構強く、もたもたしているとあっさり殺されてしまいます。ちなみに俺は初クリア時に27回くらい死んだかと思います。一回の戦闘で10回以上死んだかも知れません。倒し方がわからなかった・・・。上手い人は全然死なないのかもしれませんが弾を温存しようと敵と戦わないようにと立ち回ると事故ることが多かったです。また、弾が足りなくて詰むということもあるようです。俺の場合は最終的に弾があまりすぎて、もっと倒しても良かったなと思ったのですが、現れる敵を全て倒していると詰む可能性があるゲームです。一番難しい難易度ではかなり節約しないとクリアは難しいかと思います。

 

 

クリア時間

初期のバイオシリーズといえば短時間でクリアできるゲームとなっていますが、本作も似たような感じです。やりこみ要素として4時間クリアというものがありますので早いと2時間台くらいで終わってしまいます。ちなみに俺の場合の初見では8時間ちょっとでクリアすることが出来ました。これくらいのクリアタイムとなると周回プレイが前提となりますが、1回クリアしたらもうやりたくないという人であれば、購入金額に対して遊べる時間が少ないと感じるかもしれません。

 

 

ストーリー

これに関してはネタバレになるので、あまり詳しいことは書きませんが、時系列としてはバイオハザードシリーズと同様のようです。それからこれまでのバイオシリーズだと規模が大きい話だったりしますが、ちょっとこじんまりとした中での1エピソードという感じがしました。クリスやレオンが大暴れしている最中、この場所ではこんなことが起きています的な感じでしょうか。閉鎖された中でのストーリーも悪くはなかったです。ということで、バイオ7が初プレイという人もこれまでのストーリーをまったく気にせず遊ぶことが出来ます。

 

 

買いか?

このゲームはバイオ6をやってきてはまった人には絶対に合いませんので注意してください。敵はもちろん出てきますが、ゾンビというよりはモンスター?といった感じで、ジャンジャンでてくるわけではありません。要所要所で数体敵が配置されているという感じで、出来ればやり過ごし、不可能なら倒すといった感じのゲームです。

それから、初期のバイオのような行ったり着たりのパズルゲームのような要素は薄いです。基本的には一本道という感じで作られていますので、そういった面倒くささはあまり感じませんでした。ということで初期バイオでもバイオ6系でもない、初期バイオに似た新しいバイオという感じです。どちらかを期待している方はイマイチと感じるのではないでしょうか。

ただ、お化け屋敷的な恐怖感はなかなかなもので、突然現れる敵には何度も声を出してびっくりしました。友人が数人集まって家で飲みながら夜中にプレイしたら盛り上がりそうですね笑 

あとはキャラクターですね。突然の主人公といわれてもFPS視点ですので顔は見えないし、知らない人だし、知ってるキャラでてこないしということでこれだけでもやるつもりはないと思った人は多いかもしれません。

この辺をどう思うかというところかと思います。ちなみに俺としての満足度としては、10点満点中なら6点といった感じですね。

 

 

最後に

これまでに初期バイオのようだという話をしてきていますが、クリアしてみると、初期バイオとはまた少し違うという印象を持ちました。行ったり来たりでタイムも楽しめるという感じではなく、どちらかというストーリーを楽しみましょうという感じですね。やはりVRでプレイしてみたかったと思ってしまいます。

あとは敵にダメージが通っているかどうかもよくわからなくて、弾の温存のことばかり考えていましたが、最終的にはかなりあまりました。この辺は2週目であればだいぶ効率的にクリアできるかなと思います。前半はあまり盛り上がらないのですが、後半に行くにつれて早く先が見たい!という思いが出てきます。その結果一気にクリアしてしまいました。なんとなく達成感はありましたが、ゲーム自体の満足度としては少々物足りなくて、バイオ1には全然勝ててないなという印象です。

いろいろ書きましたがそれでもプレイ中は相当楽しませてもらいました。バイオハザード7、ありがとうございました。