読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仁王 coop・協力の仕様がイマイチ

仁王はcoopプレイができるということで非常に期待していました。非常に難しいゲームであるため、フレンドと協力して攻略していくスタイルは非常に魅力的です。しかし、このcoopの仕様がイマイチで、本当に惜しい作品という感じです。

f:id:tak9313250:20170211074009j:plain

 クリアしないと協力できない

coopプレイとは、基本的にはフレンドなどと、同時にストーリーを進行させていくプレイスタイルです。難易度の高い低いは関係なく、フレンドと同じゲームを同じ視点でプレイできるというのは非常に楽しい物です。しかし、本作品では一度クリアしたミッションしかフレンドと協力プレイをすることができません。(ランダムマッチングは別のようですが) ですので、二人揃って新鮮な気持ちで新しいミッションに挑戦することはできないのです。完全にお手伝い機能ということになりますね。どうしてこんな仕様にしてしまったのか。

 

ベータ版では普通に協力できた

俺はベータ版をプレイしていたわけではないのですが、どうやらベータ版だとcoopプレイが可能だったようです。ですので、製品版も当然coopプレイができると思い購入した人たちが不満を爆発させているようですね。確かに、それならベータ版からcoopプレイできないようにしてあったほうがよほど良心的です。

 

 

coopできない理由

その理由は非常に単純で、製作者が協力してプレイできるとゲームが簡単になるからと判断したからだそうです。ゲームを作ることは当然メーカーに任せるわけです。しかし、遊び方は人それぞれです。難しくプレイしたい人もいるし、できるだけカジュアルにプレイしたい人もいるでしょう。もともとcoopを実装しないということであればなんの不満もありませんが、中途半端な物を実装するということは本当にもったいないと思います。「難しそうだけど友人とプレイしたらクリアできるかもしれない」という層の購入がなくなってしまうわけですから。製作者は売り上げよりもブランドを意識したといった感じですね。完全にダークソウルや、ブラッドボーンのパクリなのですからブランドもなにもないと思うんですが、相当意識しているようですね。この手のゲームのN0.1は「仁王」とでもしたいということでしょうか。そんなに難しいゲームとしておきたいなら、最初からcoopプレイを実装しないか、トロフィーで「全てのミッションを一人でクリアする」といった物を設けておけばよかったのではないかと思います。

 

 

最後に

俺としても、普通のcoopプレイができると勘違いして、購入してしまいました。ゲームとしては、非常に良くできていますし、面白いのですがやはり残念ではあります。ちょっと変わった方法になりますが、フレンドとシェアプレイで順番にプレイする戸言うこともできます。これについては別記事に書きますので参照してください。