読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRAVITI DAZE2 クリア後の感想・評価(ネタバレ無し)【グラビティデイズ2】

GRAVITI DAZE

少し前にグラビティデイズ2をクリアしました。面白いところも、悪かったところも含めて感想・評価としたいと思います。ネタバレ関係は一切ないように書きますので、見プレイの方でも、購入の参考にしてみてください。

f:id:tak9313250:20170122222422j:plain

 アクション性

基本的には前作とほぼ変わりません。重力が強くなったり弱くなったりと、新たなモード、ルナチューンやユピトールチューンが加わりました。戦い方の幅が広がったかと思います。前作までは、重力グラブが使い物になりませんでしたが、今作ではかなり強化されており、むしろこればっかりといった感じになるほどです。ただ、つかめるオブジェクトは次第になくなっていきますので、前半戦は物を投げつけて、後半戦は格闘で戦うといった戦闘が多かったような気がします。新たな要素や、調整は入っているものの、動かし方はほとんど変わっていませんので、前作経験者であればすんなりプレイできるかと思います。

 

ストーリー

ネタバレになってしまいますので、あまり深いことは言いませんが、今作は完結編となっています。サブタイトルにも、

「重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択」

とかかれており、今回のメイン部分は「上層への帰還」ということになります。ゲーム序盤はグラビティデイズ2としてのストーリーを進め、終盤にグラビティデイズシリーズとしてのストーリーが進行します。序盤に関しては、前作をプレイしていない方でも十分楽しめるかと思いますが、終盤になると、「なんで?」「どうして?」という疑問がいくつも浮かぶかもしれません。完全に楽しむという意味では前作のプレイをオススメします。前作は、2に比べてボリュームも少なくなっていますので、サクサクっとクリアすることが出来るでしょう。映像に関しても確かに荒いとは感じるかも知れませんが、2と比べてそこまで違いはないので気にならないかもしれません。

 

 

ゲーム性

重力の力を操って、「敵を倒す」ということもメインといえばメインなのですが、このゲームはそれだけに焦点を当てているわけではありません。お使いがあったり、レースがあったりと、重力を使用して様々なことを行います。体感的には、

戦闘3 マップ攻略3 お使いその他3 レース1

と感じました。ひたすら戦闘をこなしたいという人には少し向いていないかもしれません。グラビティデイズの正解を様々な角度から楽しもうと思う人向きでしょう。

 

 

オープンワールドとして

今作はオープンワールドという位置づけになっており、世界の広さもかなりのものがあります。重力操作によって高速移動をしても橋から橋まで移動するのに数分かかりますので広さはなかなかのものです。前作と比べてマップの大きさは倍になっているなんて話しもあります。しかし、オープンワールドといわれて、スカイリムや、ウィッチャー3を想像している方は肩透かしを食らうことでしょう。町は作りこんではありますが、基本的に内部に入ることはできません。町並みを上空から楽しむという形になります。また、コレクトアイテムや、ショートカットポイントを探すという意味では町をうろうろすることになるのですが、「探索」という感じではありません。イベントがある場所に関しては全て表示されていますし、マップに何も表示されていないところへ行っても本当に何もないといった感じです。この辺がもう少し探索よりに作られていたらオープンワールドとしての評価は違ったかもしれません。

 

 

難易度

サブクエストなどをこなしながらメインクエストを攻略して幾分にはそれほど難易度が高いと感じませんが、メインミッションだけをどんどん進んでいくと難しく感じるかもしれません。また、回復薬がぶ飲みのゴリ押しということが出来ないゲームです。ボスとの戦闘中に体力が少なくなってしまった場合はマップに配置されている回復アイテムを拾う必要があります。配置されているアイテムも限りがあるのであまり攻撃を暗い過ぎると、回復できないということもあります。

 

 

トロフィー

前作に比べるとプラチナトロフィー取得は難しくなっています。内容が難しいというよりは、時間がかかるようになっているといった感じです。しかし、どれも取り組めばス取得できるような内容になっていますので、プラチナ狙いの人なら間違いなく取得することが出来るでしょう。一部アクション操作が苦手という人が苦戦するものもあるかと思いますが、(レースなど)何度もやれば覚えると思いますので、根気強く挑戦してみてください。

 

 

プレイ時間

俺の場合は、まずストーリーをガンガン進めるといったやり方でプレイしたのですが、それでも12,3時間かかったかと思います。サブクエストも、チャレンジミッションもたくさんありますので。全てクリアしようと思えば、それなりに時間がかかるかと思います。ただ、プラチナトロフィーを取得してもさすがに50時間までは行かないかなといった感じです。(めちゃくちゃ取得にかかるものがあったらすみません)

 

 

まとめ

ネットの評価も高く、非常に満足できる作品だったかと思います。プレイできて本当に良かったです。FF15と発売日をかぶらせたままであればまずプレイすることはなかったでしょう。強いて惜しいといえば、バイオハザード7も避けるべきだったと思います。バイオの発売日がいつ決まって、グラビティデイズとどっちが先になどなどのことはちょっとわからないのですが、バイオにもかなり客をとられていると思います。まぁそんなこと行っていたらいつまでたっても発売できないのでいつかは発売しなければいけないわけですが。知名度を考えてもまだまだ弱いグラビティデイズですが、非常に楽しめるのではないでしょうか。ただ、「映像酔い」だけは注意しなければいけません。体験版がありますので、一度プレイして問題ないことを確認したほうが良いかもしれませんね。