読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Division サバイバル ハンター(危険なターゲット)の倒し方・攻略方法

Division

バイバルミッションの難易度が高い要因はハンターとの戦闘です。これさえなければ多くのプレイヤーがクリアしているかと思いますが、こいつが最後に立ちはだかるが故クリア率がとてつもなく低くなります。今回はこのハンターに対してどう対処するかを考えていきたいと思います。

f:id:tak9313250:20161029144354p:plain

 ハンターの行動

ハンターは通常の敵とは全く違う動きをします。通常の敵はコンピュータらしい動きをしますが、ハンターはまるで対人戦であるような動きです。そのため敵のとる行動も大きく変わります。

  • ファーストエイド
  • サポートステーション
  • 電波妨害
  • 追尾マイン

これ以外にも行動はあると思いますが、だいたいこれらのスキルを使用してきます。ファーストエイドは仕方ないですが、それ以外のスキルは非常に厄介です。

 

サポートステーション

一番厄介なスキルではないでしょうか。地下ミッションでもこれを設置されるとなかなか敵が倒せないなんてことはよくあります。ハンターのサポステもかなり強力で設置された場合連続してダメージを与え続けないとあっという間に全回復してしまいます。一番いいのはサポステを破壊することですが、オブジェクトの後ろに入り込んでいたりするため破壊は困難です。唯一、中央広場で回収をあげる際は、少し離れたところに二階建ての建物があります。2階から攻撃すると、比較的壊しやすいです。それでもオブジェクトに阻まれているようであれば諦めた方がいいかもしれません。サポステを直接叩こうとする間にハンターに殺されるのがオチでしょう。回復されない勢いで攻撃した方がまだ可能性があります。

 

 

電波妨害

電波妨害は常にというわけではなく、戦闘開始直後と戦闘中に度々使ってきます。当然スキルが使えなくなるので、その間は死んでしまわないように十分注意しましょう。回復キットは可能な限り持ってきた方がいいです。

 

 

追尾マイン

あらゆるオブジェクトに隠れながら戦っていても、追尾マインであぶり出されてしまいます。顔を出したところで銃で殺されてしまうでしょう。非常に厄介です。また、中央広場の建物2階で戦う際も追尾マインは階段を上って上階に届きます。まだこの場所での対処の方がマシですが、脅威であることに間違いはありません。対処方としては、かわすしかありません。常に地面の効果範囲を確認しておきましょう。

 

 

近接戦闘

ハンターとの近接戦とはご法度です。間違いなくやられます。もちろんこちらの装備次第ということもありますが、強い装備を揃えていてもかなり厳しい戦いであることは間違いありません。まず、ハンターとの距離がそこそこ違いと、遠慮なく突っ込んできます。それに対してその場を動かず隠れながら戦っている場合、敵の近接攻撃を食らいますが、これは一撃です。そしてダウン後もう一発近接攻撃を行ってくるため、セルフで復活することもできません。離れた場合も、その逃げる動きを簡単に狙ってきて殺されるでしょう。殺された後、通常の敵なら特に何もしてきませんが、ハンターはさらに近づいてきて近接攻撃を行い、完全に命を絶ってきます。この行動があるため、ハンターとの近接戦とは圧倒的に不利になります。どうしても近い距離で撃ち勝ちたい人は十分注意しましょう。

 

 

遠距離攻撃

ハンターに唯一有効的な攻撃手段があるとすれば遠距離戦闘となります。特に、中央広場回収ポイントの2階に陣取っている場合、こちらからしっかり射撃を行っていれば敵は建物に近づけません。万が一、頭を出した時や、追尾マインでやられてしまってもセルフで十分生き返ることができます。後はひたすら遠くからヘッドショットをかましましょう。ということでほしい武器はマークスマンライフルです。黄色のマークスマンライフルは、DZ内の隠れ家で、黄色武器パーツ3個、黄色ツール1個、ディビジョンテック1個で作成することができます。最終戦に向けて必ず作成しましょう。種類は幾つかありますが、最も攻撃力が高いのがM44です。これでヘッドショットを安定して狙えるようであればいいのですが、反動も大きく扱いが難しいです。そういった人はもっとリコイルが少ない武器をチョイスするのがいいかもしれません。

 

 

先手必勝

長期戦になるとこちらがだいぶ不利になります。可能であれば、戦闘開始直前に索敵を行い、サポステを設置される前にヘッドショットをリズミカルに5発くらい入れてやりましょう。それが成功すれば相手は何をすることもなく、倒せることができます。もちろんそれが簡単にできればいいのですがそううまくはいきません。ですが長期戦になると不利になるということは覚えて戦いましょう。

 

 

できれば1対1

自分が回収をあげると、ハンターが出現しますが、その戦闘エリアに他のプレイヤーが近づくとそのプレイヤーの数だけハンターが出現してしまいます。1対1と、2対2はそう変わらないような気がするかもしれませんが、かなり不利です。サポステも2個置かれる可能性がありますし、追尾マインも倍飛んできます。(他のプレイヤーと同じ場所にいたら) いろいろ面倒になりますので、他人が戦っている際は近づかないであげましょう。どうしても他人の回収に乗っかりたいという場合は、戦闘終了後、ヘリコプターが降りてきた時に飛び出しましょう。出発まで30秒あるのでその間なら安全です。

フレンドと戦う時も同じです。こちらが2人なら相手も2人ですが、非常に攻略が難しくなるのは間違いありません。時間に余裕があるのなら、ハンター戦までは二人で協力しながら進めて、ハンター戦以降は一人ずつ戦った方が確実かもしれません。ただ、ハンター戦はどんなに早く行っても3分30秒かかります。その辺の時間配分を間違えないように注意しましょう。

 

 

最後に

ディビジョンの世界でこんなに強い敵が実装されるとは思いませんでした。この動きをする敵は、最後のアップデートでも登場するかもしれませんね。特に一撃の近接攻撃はちょっとずるい気はします。それならこちらの近接攻撃でも沈んでくれと思いますが、そうはいきません。とにかく接近戦は非常に難しいので、遠距離で戦うように心がけましょう。また、戦闘を行う場所も重要です。中央広場は非常に戦いやすいですが、それよりも南の屋上のポイントなどは狭すぎて狙撃できるポイントがありません。特に縛って「この場所で倒したい」ということでなければ中央広場をお勧めします。問題があるとしたら、人気スポットというところですね。実装初期は最後まで辿りつける人が少なかったのですが、最近ではかなりの人数が残っています。それらがみんな中央広場を使おうとすると当然時間が足りないので、中央広場で戦うなら、早めに開戦した方がいいでしょう。そのためにも道中は速やかに攻略していく必要があります。最強の敵は一度は倒したいものですね。サバイバル自体はクリアしているけど、他人の回収に乗っかったからハンターは倒したことないという人も是非もう一度チャレンジしてみてください!