読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPSのコツと上達 リコイル制御について

多くのFPSでは銃を発砲すると、銃身が上に跳ね上がってしまいます。超近距離であればこれでも当てられるかもしれませんが、少しでも距離が遠くなると、一発目は当たるかもしれませんが、それ以降頭上を越えたショットとなります。これでは打ち合いで勝てませんので、リコイル制御をしていかなければいけません。

f:id:tak9313250:20161108173615j:plain

 リコイル制御の重要性は非常に高いと思っています。それなりの距離での打ち合いで、後出しだったとしてもリコイル制御が上手ければ撃ち勝つこともできます。FPSにおいて重要項目の一つです。また、強い武器は大抵リコイルが大きく設定されているため、この辺も使いこなせるかこなせないかで更に変わってきます。

 

 

いままでリコイル制御という概念がないゲームしかやってこなかった人にとっては非常に厄介です。バイオハザードなど撃てば敵に当たるようなゲームとはまったく違うのですから。

 

リコイル制御はもちろん、マウスや、右スティックで行います。どちらも下に入力することで制御ができるのですが、これが非常にシビアです。入力を入れすぎると下を向いてしまいますし、浅すぎると上に跳ね上がります。このちょうどいいところを見つけないといけないのです。そしてリコイル制御に関しては、「だいたいできる」という概念がないと思います。基本的に、「できるか」「できないか」です。

 

とっさの発砲をした際に、手はどうなっているでしょうか。おそらく左クリック、もしくはR2ボタンを押しているだけです。まずは下方向の入力を入れるという癖をつけなければいけません。何度も何度も繰り返します。その結果全然勝てなくなっても良いです。下を向きすぎても良いです。とにかく下に入力することが大切です。射撃訓練所みたいなところで、練習するのも良いでしょう。ただ、本当の敵と遭遇すると、下入力を忘れてしまうと思います。それを忘れないように練習します。俺もこの練習はひたすらやりましたが、最初はまず勝てません。ただ、した入力をした上で敵にやられた際は、勝手に勝ちということにしてやっていました。それくらい重要だと思います。

 

この下入力に慣れてくると、咄嗟の攻撃の際、確実に下方向を入力しています。これが当たり前になればひとまず下方向の操作に関してはマスターしたといって良いでしょう。この後は、その微調整です。下過ぎず、上過ぎない絶妙な位置を瞬時に入力できるように練習していきます。

 

安定性の高い武器はリコイル制御がやりやすく、初心者には非常に有効な武器だと思います。その後どんどんステップアップし、よりリコイルの強い武器を使っていくわけです。しかし、このリコイルというものは、どの武器も上方向の強さが大きくなっていくというわけではありません。武器によっては「右上にいく」「左上に行く」など一つ一つ特徴があります。最終的に「この武器を使いたい」というのがあればその武器に行き着くまであまり深く考える必要はありませんが、その武器に到達した際にはリコイル制御の技術をその武器に合わせていかなければいけません。

 

一般的には、パットよりもマウスのほうが、リコイル制御は簡単といわれています。クリックしながらマウスを手前に引いていくだけですからね。逆にパットは非常に難しいともいえます。アナログスティックが繊細であるため、微妙な操作を習得するのはなかなか時間を必要とします。しかし、どちらを使っていても、FPSをやる以上は避けては通れない道ですので練習あるのみです!頑張りましょう!