読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Battlefield1 オープンベータ終了 評価 感想

先日バトルフィールド1のオープンベータが終了しました。これまで体験版でゲームを遊ぶということは多々ありましたが、これほどずっとやっていた体験版は初めてです。一つのマップに、少ししか開放されていない装備、微妙なバランス、多数のバグと、まだ荒削りな部分を持ち合わせていながら、これだけ長時間のプレイができるというのは、オンラインゲームの楽しさ、FPSの楽しさといったものかと思います。

 

前情報では、CODなどが未来へ進んいく中、バトルフィールドが過去に戻っていくという話で、あまりプレイに乗り気ではありませんでした。パンチキックのアクションバトルなら現在も過去も変わりませんが、銃を使って戦うというというゲームにおいて時代背景は重要です。なんせ、過去の銃が現在の銃より高性能ということはあるわけないんですから、そんな劣化した武器で戦わなければいけないのかと、思っていました。また、銃の形も名前も全く知らないというのも箸が進まないポイントでもあったかもしれません。それなりにFPSをやっていたり、銃が好きな人は、その作中において強武器であるかないか以前に、気に入っている武器があったりします。そういった層は「弱くても使う」なんて人も中にはいます。そういう意味でも武器が現代以上というのは大切なことなのかもしれません。

 

 

今回オープンベータ版をプレイしたきっかけは、youtubeで動画が上がっていたのみてダウンロードをしました。というかオープンベータが来ているということは全く知らず、youtubeのトップに大量に上がっていたことで、知ったのです。

 

ここで俺のゲーマーレベルを言っておきますが、エンジョイ勢です。ガチ勢ではありませんし、試合もしませんし、クランにも入っていません。ひたすら野良でやったり、フレンドと少しプレイするくらいですので、もっと上級者の意見をという話ではあれば、俺の意見は全く参考になりません。そして、あくまでも俺個人としての感覚ですので、「ふーん」くらいに聞いておいてください。

 

まず、先ほどの銃に関してですが、うまく調整されていると思います。基本的な発射レートは低めに設定されていますが、(900といったものもある)それほどかったるいと言った感じはしませんでした。相手も同じ条件というのもありますし、ダメージとしては従来より若干高く設定されているのかな?従来でいう至近距離からAEKでぶっ放すのと比べてはいけないかもしれませんが、ダラダラ撃ち合っていると言った印象はありません。また、ハンドガンも連射速度は遅いんですが、しっかりダメージが乗るので、当てていけばなんの問題もありません。現実的な話をするならば、BF4の方が、人間がタフすぎるのかもしれませんね笑

 

武器の種類に関しては、まだオープンベータということで、数は揃っていませんが、各兵科にそれぞれ特徴的な武器がチョイスされているともいます。ではどの兵科が強いなどそういった考察はあるかと思いますが、役割がある程度ばらけるというのがこのゲームの面白いところであり、分隊としても楽しくなってくるというものです。そして、武器の形が非常に面白いです。マガジンを上から刺すタイプの銃であったり横から入れるものであったり、昔はこんな銃で戦っていたんですね。銃の歴史的な部分で見ても結構楽しいです。この時代のモデルガンって売ってるのを見たことないんですが、流行れば大手ガンショップからモデルガンが出るかもしれませんね笑 レトロな感じはどれもかっこいいと思います。

 

銃を撃ってもマップに写らないという仕様に関しては、俺個人としては気に入っています。これまでのBFにおいて、少し撃ち合ったあと、逃げるという選択肢はありませんでした。なぜなら、マップに表示されているので、逃げて入り組んだところに隠れても絶対に見つかってしまうからです。しかし、今回は、少し逃げて伏せて待っていると気がつかず目の前を無防備に通りすぎるなんてことが多々あります。そこで返り討ちなんてこともできますし、戦略としては少し変わったなと思いました。逆に逃げられたら、どこに隠れられたかわからないので迂闊に追いかけられないといった駆け引きもあります。そういった意味では、メディカルパックを持っているのがフルオート銃を所持していない兵科というのはバランスがいいのかもしれません。従来だと、アサルトで逃げ→伏せて回復→フルオート反撃 なんてことができましたが、今回は回復したとしても、接近戦はオートではないので不利です。この辺も駆け引きを面白くするかもしれません。

 

バグ、バランスに関しては、ガチ勢の方がたくさん検証し、データがフィードバックされていくと思いますのでエンジョイ勢の俺としてはあまり気にしていません。それに最近のゲームでは発売後、アップデートで調整なんてことも多々ありますので、なんとでもなるかと思います。ただ、好感触だったのは弾抜けが少ないというかあまり感じられないことでした。撃ち負けても納得がいくというか、今のは当たっていなかったと思えるんですよね。BF4は結構、いやいやいや、なんてことがあったのですが、今回はそれがなかったのでその部分は良かったです。

 

発売日は2016年10月21日ということで、もうあと1ヶ月くらいですね。冒頭では今作に対してあまり乗り気ではなかったという話をしていましたが、オープンベータ版をプレイして、無事本編を買う決心がつきました笑

オープンベータ版でこれだけ長く遊んでいたのに、本編になったら一体どうなってしまうんだとワクワクしますね。新しいマップに、新しい武器など本当に楽しみです。とりあえず、腕が鈍っていかないようにバトルフィールド4で特訓しようかなと思います。

 

しばらくは、バトルフィールド1関連の記事は無くなりますが、発売されたらたくさん記事を書いていこうと思います。ではでは